遺品整理業者を選ぶ

遺品整理業者が年々増加している背景には、少子化社会や孤独死の問題などが背景にあります。

亡くなった人に子孫がいない場合、いても日頃からの絆が薄れている場合、何かあったときに、部屋を片付けてくれる人も少なくなってきています。

残された財産に関しては遺産の相続としての法律が整備されていますが、遺品整理業者に関しては、基準となる法律なども遅れていますから、業者選びには慎重になる必要があります。

遺品整理業者で問題になるのは、粗大ごみの処分の際に不法投棄を行ったり、標準価格がわかりにくい中、不当に高額の手数料などを請求するケースなどがあります。

また、遺品の中には、業者から見て価値のないものでも、遺族にとっては残してほしい遺品であったりするケースも出てきます。

高齢化社会は現在進行形の社会問題ですから、今後も遺品整理業者のニーズは減ることはないでしょう。

評判の良い業者に依頼して、適切な対応をしてもらうよう、業者選びをしましょう。